乳児 ビタミンD サプリ

乳児からOK!?ビタミンD入りサプリランキング

このページではビタミンD入りで人気の乳児向けサプリをランキング形式でご紹介しています。
recomend
乳児向けビタミンD入りサプリをお探しの方
乳児向けビタミンD入りサプリはどれが良いの??

 

という方の参考になれば幸いです。

ビタミンDをサプリで摂る必要はあるのか?

ビタミンDは最も身長に関係しているビタミンと言われています。

 

体の中にカルシウムが入ると、小腸で吸収されるのですが、その吸収を促進するのがビタミンDなんです。
このビタミンDが不足すると骨軟化症や骨粗鬆症、子供では「くる病」という病気になる場合もあります。

 

結構怖いですね。

 

また、ビタミンD自体にも骨芽細胞を刺激して骨形成を促す働きがありますので、身長の伸びに対してやはり有効なビタミンです。

ビタミンDは日光を浴びることで体内で合成することができるビタミンなので、日に当たっていれば通常不足することはないと言われていますが、最近はあまり外出しない子供もいますし、日焼けを気にするあまり日光にあたる時間が短い子供たちもいます。

 

そんな場合はサプリでビタミンDを補給してあげたいところです。

子供が飲んでも安心なビタミンD不足の対策として効果的なビタミンD入りのサプリをランキングしましたので、是非参考にしてみてください。

ビタミンD入りサプリ第1位 キッズサプリ



ビタミンD入りサプリ第1位 キッズサプリの特徴

手頃な価格で多くの栄養補給ができるということから大人気の子供向けサプリです。

キッズサプリの特徴は

  • とにかく成長に関する親子の悩みに寄り添って作られたサプリメント
  • 約530人の子育てに関わる人の実際の声をもとに開発
  • 100組以上の親御さんから選ばれたというサプリ
  • カルシウムはもちろん、DHAや乳酸菌、さらにキシリトールも含まれている
  • パイン味で、子どもでも食べやすい
  • サプリメントなのに、手づかみでたくさん食べてしまうほどの人気
  • 噛んで食べられるので喉に詰まらせる心配がない
  • 「成長」「勉強」「免疫」という3つの柱がベースとなったサプリ
  • 丈夫な体を作るカルシウムビタミンD、神経組織の発達に作用するDHA、免疫力を高める乳酸菌が配合されている

などがあげられます。

タイプ タブレットタイプ
評価 評価5
ビタミンD入りサプリ第1位 キッズサプリの総評

キッズサプリはタブレットタイプですが、タブレットタイプとはいえ、噛んで食べることができる子供さんであれば大丈夫なので、あまりタブレットであることを気にする必要はないと思います。

ビタミンDは当然として、頭がよくなると言われている「DHA」、カラダの成長を促す「カルシウム」など他の栄養素もしっかりと含まれているうえに、乳酸菌(クリスパタス)が含まれているので、好き嫌いの多い偏食のお子さんにも強力におすすめできるサプリです。

キッズサプリのなによりもの魅力はその価格!

このお値段でこれだけの栄養素が含まれているのですから、変な栄養剤を買うくらいなら断然キッズサプリの方が良いことは間違いありません。

ビタミンD入りサプリ第2位 アスミール



ビタミンD入りサプリ第2位 アスミールの特徴


テレビ局各社で大絶賛されるほど人気があり、身長サプリや成長期飲料の中で、現在一番売れている商品、それがアスミール。

含まれている主成分は

  • 亜鉛
  • アルギニン
  • プラセンタ
  • 魚骨焼成カルシウム
  • 胡麻ミネラル
  • ドロマイト
  • CPP(カゼインホスホペプチド)
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンA
  • DHA
  • 鉄分

とまんべんなく含まれている感じですね。

タイプ 溶かして飲むタイプ
評価 評価4
ビタミンD入りサプリ第2位 アスミールの総評

売れているというだけあってアスミールには栄養がバランス良く配合されているので、外すことがないという意味からもおすすめできるサプリです。

位置づけとしては身長を伸ばす系になりますが、栄養素のバランスとしては偏食の子供にもオススメ出来ます。

ただ、ちょっと栄養素をたくさん盛り込み過ぎで含有量についても触れていない、というところが微妙かと。

なお、アスミールは牛乳に混ぜて飲むタイプのココア味なので、キッズサプリのタブレットタイプはちょっと、、、というお子さんにオススメしたいですね。

ビタミンD入りサプリ第3位 ノビーノカルシウム+ビタミン



ビタミンD入りサプリ第3位 ノビーノカルシウム+ビタミンの特徴

ノビーノカルシウム+ビタミンはおいしく簡単にビタミンDとカルシウムが摂れるサプリメントです。

含まれている栄養素は

  • ボーンペップ 100mg
  • カルシウム 400mg
  • ビタミン
  • マグネシウム 50.7mg
  • 鉄 1.02mg
  • ビタミンA 200ug
  • ビタミンD 0.5ug
  • ビタミンC 30mg
  • 乳酸菌 5mg

と多くの栄養素が含まれているだけでなく、しっかりと含有量が明記されていて信頼感があります。

タイプ タブレットタイプ
評価 評価3
ビタミンD入りサプリ第3位 ノビーノカルシウム+ビタミンの総評

ノビーノカルシウム+ビタミンは、管理栄養士(幼児食アドバイザー)が子供の安全を一番に考えて作られているので、合成甘味料や合成着色料は一切使われていません。

1日たった2粒でビタミンDだけでなくミネラルなどの栄養素をを摂ることができるサプリです。

お値段も手頃ですし、今なら数量限定で安く買えるので、とりあえず手軽に始めたいなぁ、という方に最適です。

私が一番おすすめなのは1位のキッズサプリ!

ここまで、乳児向けビタミンD入りサプリを3つご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのは、やっぱり1位のキッズサプリです。

キッズサプリには丈夫な体を作るカルシウムにビタミンD、そして神経組織の発達に作用するDHA、免疫力を高める乳酸菌が配合されています。

 

歯が生えた頃から食べられますし、40年以上の実績を持つAFCと日本予防医学研究所の共同開発なので安全性も抜群。

 

また、単品だと1,800円ですが、3ヶ月分だと、10%OFFの4,800円。6ヶ月分だと通常価格10,800円の20%OFF8,400円で買えるというリーズナブルな価格もおすすめできるポイントです。

 

キッズサプリは一般的な身長サプリメントよりも年齢が幼い頃から摂ることができるので、好き嫌いが多くご飯をあまり食べないというお子さんに対しても有効です。

ということからかなりの人気で売れているキッズサプリは強力におすすめできるサプリです。

まとめ買いができる公式サイトからの購入をオススメします。

乳児のビタミンD必要量。サプリは必要なの?

日本人の食事摂取基準(2015年版)では、乳児の1日当たりのビタミンDの摂取目安量として、5μgが推奨されています。成長期だと4.5〜6μgですね。

日光に当たる時間が短かったり、活性型ビタミンDの合成が十分でなかったりすると、ビタミンDが不足しがちになります。

ビタミンDが欠乏すると小児ではくる病になることが知られていますね。

ビタミンDは脂溶性ビタミンの一種で、主な役割は、体のカルシウムの代謝を正常に保つこと。そのため、ビタミンDは、普通は小腸におけるカルシウムやリンの吸収を助け、腎臓におけるミネラルの再吸収を促進して血中のカルシウムやリンの濃度を一定に保ってくれています。

骨へのカルシウムとリンの定着を促してくれるので、骨の成長、すなわち身長の伸びや成長に大きく影響します。

食事からの摂ることと、適度な日光浴でビタミンDが不足しないようにすることが大切です。最近は日焼けを気にしすぎて、日光に当てない親御さんもいるようですが、あまり良くないですね。

それでも不足する場合は、サプリメント活用することをオススメします。

ビタミンD入りサプリおすすめ第1位キッズサプリの口コミ

キッズサプリが人気で売れていると言ってもやはり本当のところはどうなのか?と不安になりますよね。

 

そんなときは実際に購入したパパ、ママの口コミをチェックするのが一番です。

 

ということでキッズサプリの口コミを一部ご紹介します。

 

とても美味しくて食べやすかったので続けやすいと思います。容器の親子パンダが可愛くて、子供受けもいいと思います☆

 

ラムネみたいにポリポリ食べれて必要な栄養素を補ってくらるなんて素晴しい。子供達はハートのラムネだと喜んで食べてます。

 

こども専用のサプリはあまりないので興味がありました。お試しが出来て良かったです。4歳9歳の娘たちはお味が美味しいと喜んで食べてくれました。

 

あまり甘くなくてちょうどよかったです。粒が大きくないので子供が喉につまったりせず安心してあげることができました。

公式サイトには他にもたくさんの口コミがありますので、チェックしてみてくださいね。